『アートシェア』

表現を共有する。意見交換。思考交換。

オープンソース。クリエイティブコモンズ。集合知の形成。

アートシェア。注意:所有権の共産化を目的としない。開かれることを目指していない。

様々な共有のあり方を考える。分配の方法(資本主義社会、帝国主義社会、共産主義社会)

鑑賞者が鑑賞者である必要はない。

デュシャンの「グリーンボックス」

作品プランの共有。タイトル(RC:Dialogue)

1対1の場合。(互いに作品プランを交換する。)

複数の場合。(作品プランをプールするプラットフォームをつくる。)

プラットフォームの特徴。(作品プランの提供、コメント、制作。)

「アイディア表現の二分法(idea/expression dichotomy)」

http://www.law.co.jp/okamura/copylaw/chyo03.htm

著作者の権利が保護するのは「表現」であり、「アイデア」ではない。

しかも、実制作した作品をその作家に所有権があり、販売を可能にする。

あるいは、その作品プランについて資金提供を募る。

 

【イベント告知】

 

 

 

【ブログ更新】

 

 

 

(サイト内検索)