第16回RC:Dialogue【美読会//とりあえず、読んでみようかアーレント】

「分かりやすさを疑うために」

今回は、全体主義(ナチス・ドイツ)を徹底的に分析した政治哲学者ハンナ・アーレントです。人類が民主主義を獲得してから長い年月が経ったにも関わらず、ヒトラーを指導者とした反ユダヤ主義を標榜するナチス政権が誕生しユダヤ人に対して非人道的な虐殺行為を国家政策して行いました。d近代はなぜヒトラーを生み出したのか?

彼女の書籍は長い間読み継がれていますが、ここ近年、とくに注目を集めています。あるいは、彼女を含めた政治哲学そのものが人気を集めています。少し前にNHKで白熱教室として登場したサンデルも政治哲学者です。なぜこれほどまでに政治哲学が見直されているのか。
人々は、近代あるいは民主主義そのものに対して疑問を持ち始めています。近代の理想としていたマルクス主義は官僚国家であり、資本主義は格差社会を生み出しただけでした。それは近代の理念そのもの疑われているといえるでしょう。

それは近代とともに生み出された市民の理想である芸術も例外ではありません。近年ではその理想は忘れられ、投資の対象であったり、自己顕示欲のための道具のようになっています。私たちにとって芸術とはなにか、あるいは民主主義とは何かを考えていきたいと思います。

RC:Dialogue代表 杉村順


----------------------------------------------------



●日時:2015年8月30日(日)15:00~

15:00 【美読会//とりあえず、読んでみようかアーレント】
18:00 【楽しい飲み会(希望者のみ)】

●参考図書
アーレント『人間の条件』序文

(必ずしも読む必要はありませが、あらかじめ読んでいただければより深い理解ができるかと思います)

●場所:大阪市内の地下鉄阿波座駅から6分(参加していただける方に直接ご連絡いたします。)

●参加費:無料(要予約、定員10名、【飲み会】は割り勘です)


Facebookイベント欄


---------------------------------------------------------------



(美読会の進め方)
・アートについて話す(アート=美術+哲学+宗教…)
・司会進行はせず各自が資料を持ち込むなどして座談会形式でおこなう。
・プロジェクターを使ったレクチャーをしない。
・アート紙を使って自由に書き込む(お絵描き可)
・一人で本を読むのもよし、目当ての人と話すのもよし。
・飲食自由(軽食用意していますのでセルフサービスで)
・途中参加、途中退席OK。
・だれでも参加できるようにしたい。
・友達も誘ってください。

【イベント告知】

 

 

 

【ブログ更新】

 

 

 

(サイト内検索)